RSS | ATOM | SEARCH
グルジア人はクリスマスとお正月を二度祝う!?
JUGEMテーマ:グルジア

 
グルジアの年末年始は・・・ややこしい。。。

まず、クリスマスお正月を贅沢にも
二度お祝いするそうです

グルジアはグルジア正教を信仰しているので、
宗教的なお祝いはユリウス暦で行われます

そのため、グルジア正教での
クリスマスは1月7日、お正月は1月14日となります。

ただ、日本と同じように
カトリックなどのクリスマスもイベントとしてお祝いされており
12月25日も、皆で集まって食べ飲みするそうです。
そして、もちろん1月1日にお正月もお祝いします

メインのお祝いは、お正月の1月1日クリスマスの1月7日になり、
12月25日と1月14日はイベントとして楽しんでいるようです

因みに、グルジアのお正月にはツリーサンタクロースがいます
わぉ

ロシアでそうなので(ロシアもロシア正教なので、ユリウス暦を使います)、
グルジアもそうなったのだと考えられますが、
ソ連時代に宗教としてのクリスマスのお祝いが排除され、
新年のお祝いと宗教色を排除したクリスマスが合体しました。
そのため、グルジアでのお正月にはツリーが飾られ、
Tovlis Babua」と呼ばれるサンタクロースもいるようになったと言われています。

12/25を過ぎても、ずっと飾られているツリー。
大晦日のカウントダウンはもちろん、ツリーの前で


グルジアのサンタ「Tovlis Babua」。
グルジアの民族衣装を着てますね。。。



お正月にツリーとサンタがあるのは、
日本では考えられないですね。。。

・・・ということは、実はお正月にもクリスマスのお祝いがあるので、
クリスマスは3回もお祝いすることになりますね

人によってになると思いますが、
グルジアのクリスマスの1月7日までの約1ヶ月間、
肉・魚・卵など、動物性の食べ物を断つ断食をする習慣があるそうです。
そのため、断食の終了日の1月7日は盛大な料理が振舞われるそうです。

でも、この時期のグルジアでは、毎日お祭気分を楽しめそうです
断食しない人は、食べすぎ、飲みすぎ注意が必要かもです。

author:asami (ジョージアなび管理人), category:グルジアについて, 16:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.georgianavi.com/trackback/71